健康情報河合

トレーニングで健康に

コロナウイルス感染拡大の影響により、在宅でのリモートワークになったという方は多いと思います。リモートワークになると、気になるのが運動不足による体重の増加。たるんだお腹を見て、「通勤って結構運動になってたんだな」なんて実感した方は少なくないのではないでしょうか。

通勤時間がなくなり、外出の機会も減らさなければならない今だからこそ、短期集中型のパーソナルジムに通う人が非常に増えています。自由に使える時間は増えたけれどあまり多く外出したくない今のタイミングは、引き締まった体を作り上げるチャンスですよ。

コロナ渦の今、パーソナルジムが人気となっている理由

外をランニングしたり、たくさんの人が1つの室内に集まる普通のジムに通うのは、コロナ渦の今、抵抗がありますよね。もちろん普通のジムでも、換気の機械を増やしたり、一度に入場できる人数を制限したり、消毒を徹底するなど、様々な対策を取っています。しかしながら、一般的なジムはほかのお客さんと同じ空間で過ごす時間がどうしても発生してしまいます。また、運動中はマスクを外すことが多く、普段より呼吸の回数も多いため、ウイルスの感染リスクはある程度意識しなければなりません。

その点、マンツーマンが基本のパーソナルジムは、原則接するのはトレーナー1人です。人との接触機会が少ないので、感染リスクは普通のジムに比べ少ないと言えるでしょう。また、体づくりと健康のスペシャリストであるパーソナルジムのトレーナーは、感染対策も徹底している場合が多いです。そういった点においても、パーソナルジムは安心感がありますね。

短期集中で結果を出すなら、食事管理のついたコースがおすすめ

外出の機会が減り運動量が落ちているなら、ジムでのトレーニングだけでなく食事も見直さなければ、なかなか良い結果は出にくいでしょう。ジムで運動したとしても、生活の中で消費するエネルギーが少ないので、これまでどおりの食事ではエネルギー過多となる場合が多いからです。

外出自粛中の今のタイミングに集中して体を引き締めたいのなら、パーソナルジムの食事管理がついたコースに申し込むと良いでしょう。パーソナルジム大手の「BEYOND」(藤沢)の短期集中コースは、食事指導が非常に丁寧でわかりやすく、おすすめですよ。BEYONDの食事管理は、コースに申し込んでいる期間のことをだけを考えるのではなく、ユーザーが自分で食事を管理できるようになることを目的としています。食べ物に含まれる栄養素についてや食事を摂るべきタイミングなど、体づくりに欠かせない「食」に関する正しい知識が身につきます。身に着けた食の知識は、ジムに通い終わってからもとても役に立つでしょう。

BEYONDは都内を中心に、横浜、川崎、藤沢、大阪、札幌など幅広く店舗展開しているパーソナルジムです。自粛期間中に引き締まった体を手に入れたいという方は、ぜひ近くの店舗を探してみてはいかがでしょうか。

かつて「細マッチョ」「草食系男子」という言葉が流行したのが信じられないくらい、空前の筋トレブームが日本列島を襲っています。老いも若きも、というと少々誇張が入りますが、20代から40代、場合によっては50代のビジネスマンも筋トレにいそしんでいます。

また、2019年には筋トレを題材にした漫画作品がアニメ化された影響か、「不摂生・不健康」というイメージが強いオタク層にも筋トレブームが訪れ、他にもNHKで放映されている「みんなで筋肉体操」が定期的にTwitterをはじめとしたSNSやネットで話題になるなど、多くの日本人がトレーニングに強い興味を持っていると言っても過言ではないでしょう。

筋トレブームが訪れたことにはいくつかの理由があります。大きな要因とされているのは、スマートフォンと高速回線が一般化したことにより、出先でもYouTubeなどの動画サイトが見られるようになったこと、筋肉系YouTuberと呼ばれる、トレーニング方法をわかりやすく解説してくれる人々が現れたこと、ライザップのテレビCMなどにより「効果的なトレーニングを行えば誰でもボディメイクができる!」と認知されたことなどが挙げられます。

特にライザップのCMはお茶の間に大きな衝撃を与えたことでしょう。誰もが知る有名人から、どこにでもいそうな一般人の男女まで、劇的なビフォー・アフターを遂げています。今や大手コンビニチェーン店でコラボ食品を販売するなど、勢いはとどまることを知りません。

近年は何事もパーソナライズ(個人化)する傾向があり、筋トレをはじめとしたトレーニングも例外ではありません。そこで人気を集めているのがパーソナルトレーニングジムです。「パーソナル」の言葉通り、利用者1人1人にあった最適なトレーニングプランを組み、目標達成まで努力します。

ここ数年のトレーニングブームを受けてか、日本各地で雨後の筍のごとくパーソナルトレーニングジムができています。意外に思われるかもしれませんが、東京でいえば新宿や新橋、大阪でいえば新大阪や難波など、いわゆる「ビジネス街」と言われる地域にもジムがあります。これは、仕事帰りのビジネスマンが気軽に立ち寄れるよう配慮したもので、ビジネスマンのトレーニング人気をうかがわせます。

個人にあったプランを作ってくれるなら、パーソナルトレーニングジムならどこでも一緒、そう思っていませんか?実は、ジムによってボディメイクの得手・不得手があります。そのため、自分がどんな体になりたいか?ということを確立してからジム選びを開始することをおすすめします。

男らしい、筋骨隆々の体になりたいとお考えの場合は、まず所属トレーナーを確認しましょう。ボディメイクコンテスト等で入賞、優勝経験があるトレーナーがいるジムや、トレーナーの肉体を見て「こんな人になりたい!」と思えるようなジムがベストです。

男性的なマッチョ体系を目指す方におすすめのジムは、ボディメイク界では知らない人はいないと言われる超有名フィットネスモデル、エドワード加藤氏がプロデュースするパーソナルトレーニングジムBEYONDです。こちらは大阪心斎橋や東京麻布十番などをはじめ、日本各地にジムがあります。

BEYONDのトレーナーはボディメイクコンテストでの入賞経験があり、利用者1人1人の立場に立った指導を行っています。トレーニングというと厳しいというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、無理なトレーニングは行わないため初心者でも安心して通うことができます。

男性が憧れる体型はやっぱりほどよい細マッチョですよね。あまりにも筋肉ムキムキすぎると異性から嫌われるかもしれませんし、逆にお腹が出てメタボ丸出しの体型も好ましくありません。細マッチョの体型を手に入れるために、必死にトレーニングしている人もいるでしょう。ですが、やみくもに行っても理想的な効果は出てきません。

近年、筋トレやダイエットの世界でスタンダードになりつつあるのが、体幹のトレーニングです。筋肉を正しい使い方へ導き、体への負担を軽減され、健康的な肉体づくりに役立つということで、注目を浴びています。これはもともとスポーツ選手のバランス強化が目的として確立されたものですが、現在では一般の人でも、理想的な体型づくりには必須ともいえるので認知されてきています。もちろん細マッチョ体型をつくるにも体幹トレーニングはかかせません。

この体幹トレーニングの体幹というのは人間の中心部分であるお腹から背中の内部全般の筋肉部分を指し、この部分というの上半身を動かした際に下半身がその動きに合わせてバランスをとるために使う筋肉です。そのためこの体幹が鍛えることで、全身のバランスがきれいに整うのです。

この体幹トレーニングは特別な施設で専用のマシンを使って行うことがベストと言えますが、そうでなくとも基本的に鍛えることは可能であり通常行うことに腹筋であれば通常縦に体を起こすだけの動作をしますがこれに体を起こす際に横にねじったり同時に片方の足を自分に引き寄せるなどのひと工夫を加えることで自宅でも手軽に鍛えることができます。

何度も言いますが細マッチョを目指すならまずは体幹のトレーニングが要です。インターネットを見れば、細マッチョを目指す筋トレ方法がたくさん見つかります。体を改善するための方法が掲載されており、トレーニングをサポートするサプリ情報も参考になります。今すぐ実践してモテモテのボディを手に入れましょう。

 

ボクシングや格闘技の練習でよく見かける光景と言えば、サンドバッグでの打ち込み特訓です。これは基礎中の基礎であり、実は技術と集中力が必要になる、もっとも重要なトレーニングとされています。体を効果的に鍛えたり、ダイエットに効果テキメンというだけでなく、精神的な鍛練にもなると男女ともに注目を集めています。

注目を集める理由は、大きく分けて三つ。まず初めに、ダイエット効果があるという事でしょう。打ち込む動作をひたすら3分間、それを何セットか行うため、有酸素運動による脂肪燃焼効果が期待できるからです。インナーマッスルが鍛えられ脂肪の少ない筋肉質な体に成っていくと、新陳代謝も上がり、リバウンドしない体になれます。

次に、体力のある体に成れるという事。有酸素運動を繰り返す事で心肺機能の強化に繋がり、スタミナの増加が見込めます。また心肺機能が強くなると、肺・心臓・血液の循環機能も強くなるため、体内酵素の循環も活発になり、若々しい体を維持できるというメリットがあります。

そして最後に、集中力の機能が向上するという事。3分間は短い時間と思いがちですが、濃密な運動を詰め込まれると異様に長く感じるもの。しかしインターバルが待っている分、3分間に集中して向き合うため、自ずと集中力が強化されるのです。

健康法で簡単に行えるものとして、水泳があります。事務などに通ってクラスに入って泳ぐのもいいですし、クラスに入らなくても、自分でこれくらい泳いでみようと決めて泳ぐのもいいことです。しかし、1か月に1回など集中的に行うのでは意味がありません。1週間に1回や3日に1回など頻繁に通って行うほうが効果的なのです。何事も、短期集中型よりも長期型で行うほうが長続きしますし、健康にもいいのです。1回に泳ぐのも、そんなに長くなくていいのです。無理をしない程度に始めて徐々に慣らしていくほうが長続きします。1度に頑張りすぎると結局は長続きしません。

また、泳ぐのはちょっとという人には、プールの中を歩くだけでいいのです。歩いて回るだけでもかなり運動しますし、カロリーを消費します。泳ぐの苦手な人は、初めは歩くことから始めたらいいのです。そして、だんだん慣れてきたら、ビートバンを使ってバタ足をしてみたり、自分のペースでやればいいのです。泳ぐのが全く苦手という方でも、歩くことならいつでもできるので、抵抗なく始められる健康法だと思います。スポーツジムに通って水泳を習って泳げるようになりたい人も初めは歩くことから始めるのです。

フィットネスジムに通うと、健康な体作りができます。日々仕事に追われている人などは、どうしても運動不足になりがちです。なので、休日などにはフィットネスジムに通ってサイクリングをしたり、ランニングをしたり、器械運動をしたり、水泳をしたりして運動をするとよいのです。どうしても自分でしようと思っても、どこかに通わないと面倒になったりしてやらなくなってしまいます。どこかに通っていると、お金も払っているし、周りの人もやっているからと頑張る気になれるのです。

最近では、いろいろな健康法がテレビなどでも紹介されていますが、昔から根強く人気があるのがフットネスジムに通って体を動かすということです。フィットネスジムにはインストラクターもいるので、どのように自分が運動すればいいのか的確なアドバイスもしてくれます。初めての人は何からはじめたらいいのかまったくわかりませんが、インストラクターの人が、徐々に運動に慣れていくように計画を立ててくれるのです。なので、安心して運動をすることができます。もしやり方がわからないときなどは、いろいろと教えてくれるのです。メニューも組んでくれたり、お家でできる簡単な運動なども教えてくれます。